水回り修理について詳しく知ろう 水回り修理について詳しく知ろう 水回り修理について詳しく知ろう

給湯器が水漏れしたらまずは水回り修理業者に依頼しましょう

給湯器から水漏れをしている場合、とにかく応急処置として給水バルブを閉めることが先決です。しかし給水バルブは滅多に手を触れるものではなく、台所に設置してあると油汚れやホコリが溜まり、固くて動かせないこともあります。その様な場合には家の水道管の止水栓を閉めましょう。大量の水漏れがしているにも拘らず、エラー表示が出ない場合には給湯器自体が故障している可能性があります。給湯器自体を交換することも視野に入れて業者に見積りを依頼しましょう。

image

給湯器が水漏れをしていると、一般的に給湯器を購入した代理店に問い合わせることが多くなります。給湯器はガス会社でもメーカーに作らせて販売しています。故障が発生すると、ガス会社からメーカーに連絡が行き、メーカーからスタッフが調査に来ます。給湯器が故障して交換する場合は水回り修理業者でも代理店でもなく、メーカーが行うことになるのです。

そうなると給湯器の水漏れはガス会社に連絡をした方が良いのではと思いますが、ルートが決まっていることからマージンが発生して、価格が高くつきます。

水回り修理業者に依頼した場合には、直接業者が給湯器メーカーに発注することからほぼ原価に近い金額で取り寄せることができます。つまり、給湯器の交換が必要な時にはガス会社よりも水回り修理業者に相談してみた方がお得なのです。給湯器には耐用年数があり、一般的に10年を目安に交換した方が良いとされています。

特に給湯器の内部が劣化して破損した場合、そこだけを修理しても他の部分がすぐに破損するものです。内部の銅管の状態を業者に調べて貰いましょう。

給湯器と給水管の結合部分から水漏れをしている場合には、バルブを中心に上部か下部かで修理内容が変わってきます。バルブを閉めても水漏れをする場合には給水管が破損していると見て良いでしょう。給水管はホームセンターで販売されていますが、素人がすると結合が上手くいかないものです。自分で修理しようとせずに、水回り修理業者に任せた方が後から後悔しなくて済みます。